fbpx

「お給料がない」起業でもっとも必要なスキルとは?

 

「最低でもお給料と同じ売上が欲しい」に潜む罠

 起業すると一番変わること、それは「決められた日数働けば、決まったお給料がもらえる」という環境が、なくなるということ。これからは、自分自身で、お給料を払えるようにその金額を用意してこなければなりません。つまり、売上を上げるということが、できなければならないのです。

 

 

 

 さらに、収入だけではなく、起業すると費用負担も大きく増えてきます。これまでは、勤め先の会社が負担していた経費(オフィスの賃料、パソコンやデスクなどの設備費、消耗品、交通費、ホームページ制作費や広告費、接待交際費、税金など)についても、自身で負担し、支払うことになります。つまり、起業をしたら、自身のお給料分にしたい金額だけの売上をあげればいいということではなく、これらの必要な支払い分も自分で売上としてあげられなければならないのです。

 

 

 売上をあげることができなければ、356日休みなく、徹夜通しで仕事をしても、お給料を確保できないどころか、支払いだけが積み上がっていってしまうことになります。起業したら、しばらくは貯金から切り崩して、売上がたつまでの間をつなごうと考える人も多いのですが、すでにお伝えした通り、起業では毎月のお給料分だけではなく、支払い分のダブルの支払いがありますので、限りある貯金はあっという間になくなってしまいます

 

 

 起業するにあたりもっとも重要なスキルは、売上をあげることができること。つまりビジネスを動かせる力ということになります。実は、このスキルを学ばずに起業に飛び出してしまう人が少なくはありません。もっている資格や経験は、売上をあげるスキルとは違います。起業塾やコンサルティングなどを選ぶ際には、必要なツールなどの作り方や活用法・裏技などのノウハウなどを重点的に学べるところよりも、ビジネスの本質を学べるところを選ぶと良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

起業の基盤プロデューサー 持田那緒

27歳で法律家として起業家育成事業を立上げ、経済的自立を起業で確立するための売上がスムーズに上がる仕組みづくり『起業の基盤構築メソッド』をプロデュース 。個人事業主・起業家へのコンサルティングを通じて『ひとりひとりが自分を活かし、豊かになることのできる社会』の実現に向けて活動中。

-ビジネスを学ぶ本質編, 起業の基盤構築を学ぶ
-, , ,

Copyright© 実践が習える、起業の基盤構築プログラム , 2020 All Rights Reserved.