fbpx

「すでにお申込が25件いただけています」コンサルティング体験談(北原嘉奈さん)

【コンサルティング体験談 北原嘉奈さん(英語音楽教室)】

 

起業の基盤構築コンサルティングを受講中の、0歳からはじめる親子のための英語音楽教室を運営している北原嘉奈さん(右)から、コンサルティング受講中で、起業の基盤を構築中のリアルタイムなご感想が届きましたので、ご紹介させていただきます。

 

かつてはご本人も家族で通っており、その良さをよく知る、アメリカ発の英語音楽教室を日本でももっと広めたいという強い想いをお持ちの嘉奈さん。親子で通ってくださる生徒さんを大切にしながら、しっかりと運営を継続し、よりよいサービスを提供できるようになるために、まず自分がしっかりとやるべきことを、できるようになることが大切だと、起業の基盤構築を学ぶべく、コンサルティングを開始されました。

 

相談する前に抱えていた悩みや課題を教えてください

 

米国で誕生、今年30周年を迎えた親子向けの英語でリトミックの要素を織り交ぜた音楽プログラムを提供する教室をしています。日本に上陸してから20年近くが経っているにもかかわらず、まだまだ日本に浸透していない現状があります。

 

このプログラムを運営しているディレクター方の気質なのか、みなさんとってもフレンドリーでとにかく音楽が好き!という想いはあるものの「教室運営=ビジネス」という図式を持ち合わせている方がとっても少ないのです。そうなると、ビジネスとして何とか拡げたい、と思っていてもビジネス的な会話になると話が膨らむことがありません。

 

私自身、元は「教室に通う生徒」でした。英語音楽教室の良さを知っていることもあり、「教室を運営していく側」になろう!と思った時に、アメリカ本部の方にも「私は開講5年できちんとビジネスにしたい」とレポートしていました。

 

そんな中、今年5月にアメリカ本部30周年カンファレンスに一緒に行ったディレクター仲間とは、深い話もでき、「運営が上手な人・ファシリテートが上手な人・広告がうまい人」こういった仲間が独立してではなく、協業できたら絶対にもっと大きくなれるよね、と熱く語り合いました。

 

そこで、私はやっぱり自分の今ある教室を、まずは十分な生徒さんが通う場所にしたい。現状では、生徒さんが50人以上になることがなく、一人で考えてやっていくには限界があるという想いを持っていました。また、自分も経済的に不安が付いてまわるので、新たに生徒さんに対して何か提供したくてもできないので、ここは何とかしないと!と、覚悟を決めました。

 

そして「運営はできないけど教えたい」「運営のノウハウを勉強したい」「何か手伝いたい」「後任を育てたい」「これから講師を目指したい」こういった想いを持っている人の受け皿にもなりたい、という目標をもっています。

 

そこで、しっかり教室を運営していくために、ビジネスをしっかり学びたいと思っていました。

 

コンサルティングを受けてみようと思った理由を聞かせてください

 

以前別のコンサルを受けたことがありました。その際に「あなたのビジネスは儲からないからやめなさい」と言われました。「え~!私、これを何とかしたいのに、そんな身もふたもない」と。
ですので、実は「コンサルってどうなの?」という想いが私にはありました。

 

とはいえ、一昨年実際にお逢いして、それ以降も度々お話をさせて頂いたり、親しくさせていただいていた飯田優子さんに、教室運営について悩みを抱えていたタイミングで「私の起業の師匠と呼べる人に会ってみる?」と、ご提案をいただいたので、一度会ってみてからコンサルを受けようかどうかは決めよう、と思っていました。

 

実際にお会いして「起業は習得可能な技術」であり、それを駆使すれば大丈夫と思えところに信頼を感じたからです。

 

コンサルを受けてみて、その悩みや課題はどのようになりましたか?

 

初めてまだ1ヶ月ですが、実際にざっくりとした目標はあったものの、ひとつひとつ掘り下げていく・もっと具体的に洗い出していくことで、さらに今やることが明確になってきた。

 

また自分が提供しているプログラムに自信を持っているので、周りに合わせる、ということに目を向けるのではなく、プログラムは良いのだからあとは、自分自身もそれに見合うように成長すれば問題ない、と思えるようになってきています。

 

秋から始まるお教室の新規生徒さん募集に際しては、ただの通知ではなく、コンサルティングでは企画としてしっかり磨き上げました。送ったものはメール一通ですが、配信直後からお申し込みが続き、すでに新規の参加と継続の参加のお申し込みが、25件(9月6日現在)いただくことができています。しっかり必要な方に届けるためには、ビジネスとしての戦略や仕組みも必要なんだと勉強になります。

 

とはいえ、まだまだ課題はあるので、これからも一つ一つクリアしていきたいと思っています。

 

 

どんな方に起業の基盤構築コンサルティングをお勧めしたいですか?

 

自分のやり方が合っているの?と1人でやっていると、どれが正解で間違いなのか判断がつきません。そういった方にとっては、とても頼もしい存在となってくれるはずなのでオススメです。

 

 

これからの展望、目標を聞かせてください

 

この秋(2018年9月)の価格改定・新規開講できちんと生徒さん50組以上は確保。年内に70組、2019年1月には100組を目指したいです。

100組が達成できる頃には4月(5月)の春の生徒さん募集でも、確実に100組をキープし、後任を育て始めたいです。

 

 

起業の楽しいところ、良いと思うところを聞かせてください

 

自分のペースで仕事ができる。
またやったことに対しての対価が、きちんと明確にわかるので楽しいです。
知らないことを学べる、ということも魅力です。
そして、何かを創り上げることができるのもワクワクできて良いと思います。

 

これから起業にチャレンジする人にどんなメッセージを伝えたいですか?

時間がかかっても、ある程度なら独学でも起業はできると思います、私のように。
とはいえ、スムーズに進めることができる方法があるなら、それを使わない手はないです。

また一人ではやりきれない部分が他の目が入ることで開けることもあります。1人で1000万円を作るより2人、3人で作った方が労力は少なく、他に回せる時間ができます。

1日24時間しかないので、どれだけ有意義・有効に使えるかは自分次第。そんな時に信頼できる人に会えることはとても大切だと思います。

 

 

 

嘉奈さんからみて、持田那緒はどんな人ですか?

 

Facebookの印象だとクールビューティー、厳しいかな?と思っていました。

実際にお逢いすると、確かに見た目はクールビューティーですが、とっても話しやすく気さくで。
とはいえ、ビジネスの勉強の際には的確なアドバイスをしてくれます。そして、常にポジティブになるような気配りをしてくださる方です。

 

 

コンサルティング受講中のご感想をいただいて

 

嘉奈さん、コンサルティングを受講中のリアルタイムなご感想ありがとうございました!

 

私も、嘉奈さんにとても共感することが、「起業は一人で行うものではない」ということなんです。何かに挑戦するときには、応援してくれる人や支えてくれる人の存在があるものです。わからないことを相談できたり、力を貸してくれたりする存在があるからこそ、諦めず、くじけずに、かたちにすることができることは多いと思います。さらには、成功したり、何かを達成できたことについて、関わってくれた人たちと共に喜びを分かち合う幸せもあります。私は、起業も同じだと考えています。

 

起業が初めての経験であればなおさら、相談できる人、応援してくれる人、力を貸してくれる人の存在は不可欠で、人や社会を巻き込み、自分自身や仲間と共にビジネスも大きく成長していけるものなのですが、リスクが伴うにもかかわらず、まず自分でやってみようと限りある知識や経験で、スタートを切る方も少なくありません。

 

人や社会にとってよいものを商品やサービスとして提供するために起業をしようとしている、想いや志をもっている人がほとんどなのですが、売上から自分のお給料を捻出するということから、「お金儲け」だったり「人をお金に見ていると思われたくない」などといった気持ちがある方も多いようで、声を大にして自分がやろうとしている挑戦について語り、応援者や協力者を募り、相談を積極的にするということをしていないように、私の目には映ります。

 

子どもの頃、将来の夢を語った時のように、実現できるかできないか、もしかしたら方向性が変わるかもしれないなどと考えずに、自由に堂々と志を語れたらいいのに、そう思います。私自身も起業をした経験から、相談者や応援者、そして仲間の存在は不可欠だと痛感し、私は寄り添いながらも、先頭を走り、手を引っ張っていけるような存在でいようと決め、自らの実践から体系化した起業の基盤構築メソッドをもとに、起業のコンサルティングを始めました。そして誰かのために頑張れるという人が、起業で大きな成果をつかめる社会にしていきたいと、日々その想いは強くなる一方です。

 

今、様々な幼児教育や子ども向け教室などの習い事が増えてきいます。勉強ができるというだけでは、幸せで豊かな未来を切り開けると保証もできない複雑な世の中だという背景もあり、子どもへの投資は、年々大きくなってきている家庭も多いでしょう。10代で渡英した私は、現地の同級生達と接することで、日本人ならではの弱さを痛感した経験があります。特に、コミュニケーション力、自由な発想力、主体性、協調性について。それは、テーブルに一人で向かってする勉強とは違う、能力です。英文法を間違えなく英語を話せる日本人でも、外国人との会話にはついていけないということが多々ありますが、それは英語が下手なのではなく、会話や討論する内容がないからという、衝撃的なことに気がつきました。つまり、日本語で討論ができずに、英語で討論なんてできないということ。伸ばすべきは、まず学問ではなくて、「一人の人間としての在り方」なのではないかと私は思いました。

 

そういった教育が、生きる力や未来を切り開く力を備えたる人を育て、そこには暗記やドリルばかりの勉強ではなく、幼い頃から自由に表現をするということに慣れることが大事です。嘉奈さんが運営する英語音楽教室も、そのような教育に重きをおいたアメリカ発祥のメソッド。ご本人もやってよかったという経験がある嘉奈さんだからこそ、生徒さんとして通ってくださるご家族の信頼もとても大きいのには納得です。

 

起業の基盤をしっかり構築し、教室の運営をより安定させ、広げ、より良いサービスを提供することを決意された嘉奈さんのさらなる目標は、同じような想いで音楽教室を運営する仲間達やこれから教室を運営する側になりたいと希望する方の受け皿となり、共に成長していくことです。私も、全力で嘉奈さんのビジネスを応援していきまので、今後の嘉奈さんの活躍を、ぜひみなさん応援、期待していてくださいね!よろしくお願いします。

 

起業の基盤構築コンサルティングをもっと知りたい!

 

 

詳しく知りたい方はこちらから

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

起業の基盤プロデューサー 持田那緒

27歳で法律家として起業家育成事業を立上げ、経済的自立を起業で確立するための売上がスムーズに上がる仕組みづくり『起業の基盤構築メソッド』をプロデュース 。個人事業主・起業家へのコンサルティングを通じて『ひとりひとりが自分を活かし、豊かになることのできる社会』の実現に向けて活動中。

-お客様の声, トライアルコンサルティング体験談
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 実践が習える、起業の基盤構築プログラム , 2020 All Rights Reserved.